【迷ってるならまずここへ!】自然豊富で首都圏からアクセス抜群な山梨観光

【迷ってるならまずここへ!】自然豊富で首都圏からアクセス抜群な山梨観光

1日休みを使ってのんびりできて気軽に行ける観光地ってどこだろう?と考えたことはありませんか?そんなあなたにおすすめなのが「山梨」。都心からもアクセスが良く、なんと県土の約78%も森林を占めており世界遺産の富士山や郷土料理のほうとうなど魅力たっぷり。そんな山梨の自然豊富でのんびりできる観光スポットを紹介します。

歴史・文化

山梨県は「武田信玄」ゆかりの地でもあり、命日になると「信玄公祭り」が行われ全国から観光客が訪れます。また、日本三奇祭の1つである「吉田の火祭り」や「厄除け地蔵尊大祭」有名で人々で賑わいます。

近年、急激な人口減少に直面し若年女性が減少することで、少子高齢化に拍車がかかっています。その影響で、高齢化も進んでおり県では、、雇用・人材・人の流れ・子育て・地域の5つの基本目標を定め、施策・事業を総合的に展開し対策をしています。

観光スポット

清里テラス

まず初めに紹介するのは、山梨県北杜市に毎年期間限定オープンの「清里テラス」 通称:天空のテラス パノラマリフトに乗り山頂を目指します。標高1900mにある山頂からは広大な清里高原を一望でき、天気が良いと富士山を見ることもできます。

また、無料のソファも多数あるため併設してあるカフェで買ったスイーツやドリンクを飲むのも◎ 混雑時には、ソファがすべて埋まってしまうのであらかじめ有料のソファを予約しておくことをお勧めします。

尾白川渓谷

日本名水百選の1つでもある「尾白川渓谷」南アルプスと甲斐駒ヶ岳を源とする清流です。清流は、マイナスイオンを感じることができ、エメラルドグリーンの水は透明で澄んでいてとても綺麗です

尾白川の清流に到着するまでには神社や橋、石の上を歩くのでスニーカーで行く事をオススメします。

河口浅間神社

この神社には、富士山の大噴火を鎮める為、浅間大神という富士山の神様が祀られています。また七本杉はなんと樹齢1200年を超え県指定の天然記念物にもなっています。

そして、神社裏を30分ほど登ると「天空の鳥居」があります。ここは、河口浅間神社の遥拝所です。晴れていると、鳥居の間から街並みや富士山を望むこともできます。

明野ひまわり畑

毎年開花の時期(7月・8月)に合わせて開催される「明野サンフラワーフェス」60万本のひまわり畑を一目見ようと、毎年全国から観光客が訪れます。

直射日光を避けるところがないため、適度な水分補給と万全の日焼け対策を強くオススメします。

もみじ回廊

ここは言わずと知れた秋の名スポット「もみじ回路」 11月中旬に見ごろを迎え、60本の紅葉が150mに渡って続きます。この時期は、富士河口湖紅葉まつりが開催され屋台なども多く軒を連ねます。ちょうど見ごろの時期に行くのは、難しい為、こまめにSNS等で最新情報をチェックすることをオススメします。

番外編

河口湖周辺をドライブしていた時の写真を。ドライブをしている最中も、富士山もありどこを切り取っても素晴らしい景観です。

グルメ

歩成

昭和54年創業 郷土料理ほうとうを提供している「歩成」 名物は「黄金ほうとう」熱々の鍋には大きなカボチャやもちもちの麺が最高に美味しく、心も体も幸せな気持ちにさせてくれます。県内に3店舗展開し、店内には数々の有名人のサインが飾られています。また、木のぬくもりを感じる河口湖店では通路の真正面から富士山を望むこともできます。

DECO BOTANICAL

こちらのカフェは、オーナー夫婦が土地を開拓し電気や水道を整備し、作られています。2000坪ある敷地には、森に囲まれ小説に出てくるようなお庭を見ながらカフェ兼アンティークショップで食事を楽しめます。

カフェの店内は、アンティークの家具が並びどこか落ち着く雰囲気が漂っています。ちなみに、こちらでは写真を制限している場所もあるので、しっかりと規則に従いルールを守りましょう!

おわりに

いかがでしたか?自然豊かでのんびり四季折々の景観を楽しむことができるので、迷った際にはぜひ山梨を訪れてみてください。

(随時更新していきますので、チェックしていただけたら嬉しいです。)

中部カテゴリの最新記事